一生懸命、最後までやっていると身を結ぶことを実感した出来事。

7月いっぱいで派遣会社の会社都合により退職します。しかし、これは偽りで上司のアホな考えが元の解雇通告。了承すると自己都合に急に切り替えて辞表を要求してきて、おまけに上司が行けない日に、仕事を引き受けてくださいなんて通達がありました。上司の行けない日。割の良い仕事か夏休みを悠々と取るのでしょう。私が行くことで解雇にした会社に利益が出て、上司の飲み食い代に変わります。それは非常にアホらしく、「人のこと、何と思ってんだ?」と誰でも怒ると思います。自分の飲み食い代くらい自分でどうにかしろ、夏休みなんて取らせてたまるか!と思った自分は、嘘ぶっこいて「8月のスケジュールは埋まりましたから、もう結構です」と連絡。人材派遣会社は人材が商品。人材を失う痛みが分かっていないアホ上司には、愛想が尽きましたね。しかし、7月までは取引先に行かなくてはなりません。私の答えは、「取引先は一切、悪いことをしていない。むしろ自分が来なくなることでダメージを受け、もう派遣に頼らないという動きが見える。自分の成すことは最後まで手を抜かず、限界までやり抜くこと」でした。取引先の方も見て、感じていたのでしょう。「こいつは解雇になったのに一切、手を抜いていない」と。本日、最終日を迎え、いつもと変わらず最後までやり抜きました。「みなさん、お元気で」と言って、立ち去ろうと思っていました。特別、会話をする人もいなく、会話をする暇もない現場でしたから。しかし、所属長から「みんなでお金を出し合いまして」とサプライズのプレゼント!これには感動しました。一人一人に「お土産までありがとうございます」と私は声をかけ、別れを告げるとみなさん笑顔で送り出してくれました。私が世話になった頃は少し暗い?けだるい感じのみなさんだったのに、少しずつ表情が明るくなり、本日が最高の笑顔でした。気持ちよく帰りの途に着き、明日からの私の背中を押してくれたような気がしました。一生懸命にやって身を結ぶと人生楽しいですね。frecious クーポン

小室哲哉が不倫から引退に至った。それについて思うこと。

小室哲哉が妻の療養中に不倫騒動を起こし、引退にまで追い込まれました。道徳的責任法をとっての引退だとは思いますが、これはトップ芸能人の宿命であり彼にとっては悲劇ともいえるのではないでしょうか。
今回の件が、一般人やキャラの違う芸能人だったらどうかと考えてしまいます。一般人の場合でも道徳的責任は発生するでしょう。状況によっては離婚にまで発展する可能性もありますが、不倫が理由で会社にいられなくなるといったことは考えづらいところです。まして、芸能人のように世間から糾弾されることはなく、あくまで当事者周辺の問題に収まると思います。
キャラの違う芸能人、例えばお笑い芸人などの場合に至っては、逆に不倫騒動をネタにしてブレークしてしまう逆転現象が生じることもあります。
同じ不倫でも、その人物の立場やキャラによって今後の方向性が大きく違ってくることは皮肉なことだと感じました。
個人的に今回の引退騒動は、小室哲哉にとってはステータス故の悲劇のように思いました。

いまの若い子と言うのはホントに態度が悪いです。

 私の時代もよくそう言われて叱られたものですが、いまの若い子と言うのはホントに態度が悪いし電車内でのマナーは災厄です。音楽を聴いてるのはその人の勝手ですが一々リズムを取ったりとか、指を鳴らしてみたりとか車内なんだからもっと静かにしてろと思いました。教え子と移動する際もこちらをジッと睨みつける避けるように見てきてメンチきってきたので私がメッチ切ってんじゃなぇよガキが調子乗んなとすこし声を荒げて怒るように注意するとササっと避けるように行ってしまいました。弱い癖に喧嘩だけは売るんだなと思いましたね。私の時代だと考えられないです。いきがるのもた以外にしろと思いました。ホント世間の怖さとか分かってないんでしょうねゆとりだねと思いました。私の時代だと勝ち組、負け組と言われて後輩は先輩を常に敬うのが礼儀でしたし、上の人の言うことは素直に聞かないと怒鳴られるでは済まなかったです。ましてやほかの学校の人と眼が合うだけ因縁を吹っかけられたものです。今はゆとり世代楽だなあと思いますね。即日融資 おすすめ キャシング