初めての出産レポート 2017/2/27

出産レポ

7:10
朝から前駆みたいな痛み有り
いつもの事なのであまり気にしない

12:30
お昼ご飯食べ終わった辺りで
トイレですこし血が付いているのを発見 おしるしか?

17:00
旦那帰宅
おしるしかもと報告
間隔測ってみると8分ほど等間隔に痛みがある
取りあえず様子見

18:30
痛みが強くなってきた気がするので
病院に電話

とりあえず一度診察に来てねと言われるので
行くことに。
NSTをしてみると
そこそこ間隔狭かったのでそのまま入院

19:00
義祖父母 義母が駆けつける 。気が早い。

20:00
食料調達しに近くのセブンへ
この時 うずくまるほど痛くなりつつある

20:30
消灯していたが特別にお風呂に入らして貰う

0:00
1度目の内診 子宮口開いてないね
八分間隔くらいかな と言われる

2:30
2回目の内診 子宮口三センチくらい
間隔は相変わらず7分

道のりが長くて病む

6:00
歩けない程痛くなって来るが
相変わらず子宮口4センチ

間隔もあまり変わらず

眠れないほどずっと痛みがある
ベッド枠に噛り付いて耐える

12:00
お昼ご飯か運ばれて来るが
食べられず

13:40
病室で内診アンド様子見
あまりにも痛そうなので分娩室で見ようかと
いう流れになる

14:00
酸素マスクと点滴を繋ぎながら
いきみのがしを続ける

死ぬほどいたい

15:00
意識が朦朧となる
自然にいきもうとしてしまうが
ダメだと怒られる

16:00
死にたくなる程痛いのに
まだおりてこないと言われる。
赤ちゃんがどこか引っかかっているみたいなので
自然分娩は難しいかもねと言われる
勝手にいきみだす

17:00
急遽 帝王切開に切り替える
旦那 慌てて誓約書にサイン
もう色々と限界ではやく麻酔をうってくれと嘆く

17:30
階を移動して手術室へ

看護師さんのメンツが変わる
美人なお姉さんが手を握ってくれる 心強い

担当医に麻酔を何回も打ち直されながら
手術開始

18:30
手術おわり
術後 ご飯も飲み物もNGと言われたけど
夜中にこっそり食べる

翌日
尿カテ 点滴 フットポンプ

麻酔打ち過ぎでPDPHになり一歩も動けず

免疫力低下のせいか
抗生物質の点滴で酷いアレルギーが出る

お風呂に5日は入れない ツライ