東野圭吾さんの『ナミヤ雑貨店の奇跡』を読みました

この秋、映画になると聞き本屋さんで平積みされていた東野圭吾さんの『ナミヤ雑貨店の奇跡』を買いました。
最近は原作のある映画が多いので、本屋さんの平積みコーナーを見ているだけでも楽しいです。
原作があるものは、映画を見てからでも、映画を見る前でも時間やキャストや設定など、色んな理由で大体内容が違うので、そこを比較するのが好きで、ついつい買って読んでしまうんですよね。映画になるって時点できっと面白いに違いない!って思いますし。
読んだ感想は、まず「東野圭吾さんて面白いし、すごい読みやすい」ですね。一つ一つは短めのお話なのでテンポがいいですし、表現もわかりやくて想像しやすい。人物設定も細かく書いてあるので、映画のキャストと付きあわせつつ読むのも楽しいです。映画は西田敏行さんとHey!Say!JUMPの山田涼介くんがメインキャストなのですが「ほーほーへー」って感じで読めました。
何となく、小説そのままの内容にはならなそうな予感がするのですが、その他のキャストも豪華ですし、ポスターを『君の名は。』のチームがされていたりして力を入れているのが伝わってくるので、もし展開や結末が小説と違っても面白い映画になるといいなと思います。

ネットで不動産屋を漂流して中古マンションを探す高齢者の日常

「この物件 なんかいいんじゃない?」姉と交わされる会話です。子供たちが独立した今、お互い持て余している一軒家を処分して、新築は無理としても同じマンションに住みたいと、不動産屋を漂流しているのです。今住んでいる所から20分ほどの町の駅近築浅マンション3LDK。歩いて5分圏内にスーパーが2軒。ドラッグストアやコンビニもあり郵便局も・・。高齢者夫婦が住むにはちょうど良い距離感。おまけに高層ではなくこじんまりした建物の4階角部屋南向き!!お値段もちょうどよし。家を処分できれば何とかなるでしょう。
早速内覧を申し込んで今日見に行ってきました。外回りは清潔な雰囲気です。エレベーターの中も良し。角部屋のため、すぐ横に非常階段があってポイント高し。室内に通されました。南に面したリビングの窓からは小高い山が見え、紅葉の季節はきっと素晴らしいと思えます。ベランダから見下ろすと隣のカフェの手入れされた庭が見えます。北側はJRの線路が見えますが4階なので目線が合うことはありません。が、しかし・・ペットを飼っていたのでしょう。壁紙はあちこち剥がれ、柱は齧られ、床にはたくさんのひっかき傷が・・・リフォームしたら結構な金額になります。普通はリフォームして売りに出すでしょうが、売主は立地がよいから高く売れると踏んだのでしょう。感じ悪し・・。残念ながら不動産屋漂流はまだまだ続くのでした。アイフル 営業時間 電話