堆積岩とその品目について勉強していました

堆積などについて修練しました。堆積物体が長い年月の間に圧縮され、脱水してち密になり、一層粒子間に新しい鉱物が行えることにより、かたい堆積岩になります。そういう機能を続成機能といいます。堆積岩は堆積物体のクラスによって分類されます。礫岩・砂岩・泥岩は砕せつ物体が堆積してできたものです。砕せつ物は陸上での風化機能などで形成されるので、礫岩・砂岩・泥岩は陸の近辺や大陸斜面、海溝で堆積行う。石灰岩や図表は、化学的沈殿物体が堆積した方法もありますが、アニマルの殻が堆積して形成されるものが多いです。石灰岩は紡錘虫・貝殻・サンゴなどの殻が堆積してできます。図表は輻射虫などの殻が堆積してできます。サンゴ礁入口の石灰岩は、低緯度の火山島のレベルなど温暖な浅海で形成されます。凝灰岩などの火山破裂物体が固結してとれる岩石は、火山の割に近くで形成されます。地球上の火山は特定の地方に集中して分布しているので、凝灰岩などの分布も限定されてある。とても勉強になりました。

肉眼で宇宙ステーションが見えるということです。

少し前に外出中に奇妙なものを見ました。昼間の良く晴れた青空に銀色の飛行機のようなものが飛んでいました。米粒よりもっと小さいので機種まではわかりませんが、かなり上空を猛スピードで飛んでいました。私は珍しいものを見つけたなと思い、デジカメで写真を撮りました。しかし家に帰って画像をチェックするとうまく映っていなかったのです。しかしこれは良くあることで、珍しい鳥が上空を飛んでいるのをデジカメで撮っても手ぶれやフォーカスが合わないことが原因で映っていない場合が多いのです。よくあることなのでまあ、映っていないことは仕方がないと思って、記憶をたよりに機種を特定しようと思いました。しかし発見当初から妙な形をしているのでもしかして宇宙ステーションかなと思っていました。しかし肉眼で昼間には見えないだろうと思って、ネットで調べてみました。すると日本上空をステーションが通過する時には条件が良ければ肉眼で確認できることが分かりました。