虹のことと空の時について勉強していました

虹などについて学校しました。虹の色調は外側から赤、だいだい、黄、緑、青、あい、紫の順に並びます(エクステリアには決して屈折の打ち切る赤い灯が、内側には著しく屈折する紫色の灯が思える)。また、虹は太陽を丈にした針路にできます。そのため昼前は西、夕刻は東の空に見える。晴れたお日様に太陽を丈にして霧吹きでミストを吹くと、イメージ中にたくさんの水滴ができ雨上がりとおんなじ段階となって、虹ができます。ミストが多い方が虹がきちんと見える。透明な鉛筆に光を当てても灯を区切ることができます。これは、主軸がプリズムの役割をするためです。次は、空についてだ。イメージ中には目に見えないたくさんのちりがあり、こういうちりに日差しが接すると灯が散乱します。こういう状況、青い灯ほど散乱しやすいので眼に数多く入り、空は青く見えることになります。灯がイメージ内のちりに当たった状況、紫〜青い灯ほど散乱しやすく、赤い灯ほど散乱されづらいだ。知らないことを知れて良かったです。シボヘール ドラッグストア