テレビにやらせがあるのはある程度仕方ないと思っていた

人気バラエティ番組の「世界の果てまでイッテQ!」の人気企画がやらせだったことが判明し、日本テレビがいろんなところから批判されているようですね。
でも、私は個人的に、「えっ?テレビにやらせがないと思ってたの?」と視聴者のほうに軽く驚きました。
流石に、ニュース番組でやらせはないと信じたいですが、バラエティ番組やワイドショーではやらせなんて当たり前だと私は認識していました。
なので、見ているこっちも話半分で聞いているという感じです。
特に、バラエティ番組はおもしろくないと視聴率がとれないので、関係者もなんとか面白い番組を作ろうとしていたんだろうと想像します。

私の知る限り、「やらせ」は日テレだけではないはずです。
クイズ番組でも、「この国ではこれが流行っています。」っていうような嘘をたくさん今までに見ました。
自分の特に、よく知っている国のものは嫌な気分になるので、クイズ番組でその国が問題になる時は見ないようにしています。

今回、該当の国の人が嫌な気分になったという気持ちは理解できます。
「自国でそんな祭りない!!」ってもどかしい気持ちになったのではないかと思います。まあるい旬生酵素